赤ちゃんなまえの画数|外へ出歩かなくても大丈夫!無料でできる夢診断!

サイコロ

赤ちゃんなまえの画数

手相

赤ちゃんへの名前は親からの最初のプレゼントなんていわれもしますし、子どもが一生背負っていくものですから名づけは慎重になってしまうものです。 よく気にされる名前の「画数」ですが、これは姓名判断として広く使われているものです。姓名判断の起源は古代中国の陰陽五行説にあります。これは数字で陰陽を表し吉凶を占うのですが、これを姓名の字画に照らし合わせて使われたのが姓名判断のもとになっています。 日本では庶民が姓を名乗れるようになった明治以降に広まるようになったと言われています。また、様々な流派があり、流派によって画数の数え方や判断の仕方がこと成します。現在、サイトなどで簡易的に行われている姓名判断は新字体の画数をそのまま反映して判断したものが多くなっているようです。 どの流派を支持するかによっても違う結果が出ることもありますので、赤ちゃんの名前を付けるときの参考程度に考えたほうがいいかもしれません。

いざ赤ちゃんの名前を決めるとき、迷ってしまうのは仕方のないことです。 姓名判断では姓、名それぞれの画数、バランス、総画などで運勢を占ったりしますが、赤ちゃんの名前を付けるうえでは、それらすべてを考慮しつくす必要はありません。姓は先祖から受け継いだもので変えようのないものですし、個々の吉凶にはかかわらないと言います。ただし赤ちゃんの名づけを考えた場合、名前の合計画数を表す「地格」はなるべく凶数は避け吉数であることが望ましいです。他にも姓名判断では一文字づつの字画を奇数(陽)と偶数(陰)に分けてバランスを見たりもします。 どうしても気になるというなら自力で判断せず、専門の方に見てもらったり、姓名判断のサイトを見たりすると良いでしょう。