占いを相談として利用する|外へ出歩かなくても大丈夫!無料でできる夢診断!

サイコロ

占いを相談として利用する

星座

最近では占い師に占ってもらうのではなく、人生相談を行う場として活用されることがあります。占い師というとどうしても「占ってくれる人」というイメージがありますが、占いというのは前提として占ってほしい人の話を聞く必要があります。この聞くということが相談の場として変化するようになりました。そのため占いであるのにも関わらず、占いの要素が少ない、または全くないということも珍しくありません。全く知らない人に相談をするというのも変な感じがするかもしれません。しかし世の中の複雑な人間関係に揉まれ、悩みを抱えるからこそ、全く知らない人に出来ることがあるのです。もしなかなか人に相談できない悩みを抱えているのであれば利用してみると気持ちが楽になるかもしれません。

占いを利用する際には注意しておきたいことがあります。それは、占いには2つの形式があるという点です。まず1つ目は直接相談する対面型、2つ目は電話を使って相談をする電話型です。この2つはどちらが優れているというようなものではなく、それぞれ一長一短あります。自分が相談したい方法に応じて使い分ける必要があります。まず対面型の特徴としては情報量が多いことです。名前や顔といった情報があるので占い師も覚えやすく継続的に利用したい時にオススメです。一方電話型の場合は情報が声しかなく匿名性が高いのが特徴です。個人を特定されないように相談をしたい場合は電話型がオススメです。しかし電話型の場合は基本的に1回完結型になります。このように特徴が異なるので自分に合った方を利用すると良いでしょう。